バランスの摂り方?BMI数値のコントロール?


妊娠で太る人と太らない人には特徴があります。

 

妊娠中のお母さんにとって我が子の健康は一番大切なことです。

 

 

ですが、体型はきちんと戻るのか、それともそのままなのか…ということは女性ならではの悩みだと思います。

 

 

妊娠を機に太る人、太らない人というのはどういった特徴があるのでしょうか。

 

 

妊娠中は赤ちゃんがお腹に赤ちゃんがいるので体重は増えるのが当たり前です。

 

だから赤ちゃんの分まで食事をしなくてはと思う人がほとんどです。

 

 

ですが、
だからと言って際限なしに食べ過ぎてしまってはどんどん体重が増えてしまいます。

 

 

太る人の多くはこの限度を知らずに食べてしまうことが多くあります。

 

 

身長ともともとの体重からBMI数値を出すことができます。

 

 

計算式は

BMI= 体重kg ÷ (身長m)2

 

適正体重= (身長m)2 ×22

 

この数値によって数字上の体型が判明します。

 

ちなみに妊婦のBMI数値の目安としては

 

  • 18.5未満 痩せている【理想の体重増加8〜12kg】
  • 18.5以上25未満 ふつう【理想の体重増加6〜12kg】
  • 25以上 肥満傾向

となります。

 

 

肥満傾向では医師の対応が必要になりますので
体重増加の目安はありません。

 

 

太らない人はBMI数値をきちんと把握してコントロールをしているという特徴があります。

 

妊娠後体重の急激な増加は、

  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
の危険性があります。

 

 

体型も関係していますが、妊娠後の体重の増加は多くても12キロ程度に抑えるようにしましょう。

 

 

かと言ってあまり食べ過ぎないと今度は赤ちゃんに影響が出てきてしまいます。

 

 

安定期に入るとウォーキングなど軽い運動もできるようになります。

 

 

きちんと医師と相談して、母子ともに無理のない範囲でストレスのない健康的なマタニティライフを送りましょう。

 
>>>妊娠で太りたくないママ必見!超簡単〜妊娠中こそ!一石三鳥な方法!

 

<スポンサーリンク>