検診の時が問題?


妊娠で太る時期と太らない時期があります。

 

 

女性は妊娠をしますと、体質が大きく変わるということが多くあります。

 

 

主にホルモンの影響での変化です。

 

 

普通は痩せている人でも、妊娠時には太ってしまうという人がたくさんいます。

 

 

妊娠をしますとお腹が減ると言いますが、それは赤ちゃんがお腹にいるからだと思われていますが他にも妊婦である体を維持していくために自然とそのような状態になると想定できます。

 

 

妊娠の過程に太る時期と太らない時期とがあります。

 

 

個人差があることは前提となってしまいますが一般的に

 

太らない時期はほとんどの人が経験する初期のつわりが激しい頃だとされます。

 

 

一方太る時期は、
安定期を過ぎたあたりから急に食欲が増してくるという風になります。

 

 

食欲には個人差がありますが、普段食べている以上に食べることは実際多いです。

 

 

そんな時はもちろん体重も増える傾向にあるのですが、お腹がすくのは我慢がならないというわけです。

 

 

生物本能的に
「赤ちゃんのために食べなくてはならない!」

 

という精神状態になりますので我慢が難しい時期でもあります。

 

 

気になる体重の増加は、
妊婦検診の時に注意をされるのですが食欲をセーブすることはなかなか難しいと言います。

 

 

妊娠中毒症(現・妊娠高血圧症候群)を予防するためにも、
体重が増えすぎないように気を付けなければなりません。

 

 

妊娠高血圧症候群では
妊婦の高血圧、尿タンパクがいつもより多くなることが特徴です。

 

吐き気や目のちらつきなどの症状が表れる場合、

  • ヘルプ症候群
  • 子癇(しかん)
などの合併症も考えられます。
 
>>>妊娠で太りたくないママ必見!超簡単〜妊娠中こそ!一石三鳥な方法!

 

<スポンサーリンク>