食べづわりで難産の可能性?


食べづわりで太るのを防ぐには、食べたくなったら低カロリーのものを摂取するようにすると良いです。

 

 

低カロリーな食品には、
寒天、こんにゃく、ところてん、豆腐、など体にとって良い栄養でありながら、カロリーが抑えられている食べ物がたくさんあります。

 

 

デザートでは食後の血糖値上昇が低い
低GI食品(グリセミックインデックス)がおすすめです。

 

低GI食品の説明〜大塚製薬ホームページ
https://www.otsuka-plus1.com/shop/pages/soyjoy_lowgi.aspx

 

 

昔であれば妊娠中は栄養摂取をする事が重んじられていましたが、
現代はかえって食べづわりを防がないと、出産の時に肥満の影響で難産になってしまう危険性もあります。

 

 

太るのを防ぐには、低カロリーな食品を摂取するのも効果的ですが、適度な運動を行う事も大切です。

 

 

妊娠中には体が重く、外に出たいという気持ちも起こらないものですが、体に負担をかけない程度の散歩であれば、かえってストレス解消に役立ちます。

 

 

 

将来の事などを語り合いながらパートナーと歩くのも良いでしょう。
また、食欲を抑えるには、自分が夢中になれる事をして気分をそらすという方法も有効です。

 

 

例えば手芸が好きな人ならば、食べたくなったらまずは手芸を始めてみる、読書が好きな人ならば自分の好きな本を心ゆくまで読む、などという方法です。

 

 

食べたくなったら、まずは他の趣味ごとに意識を向けて、それでもダメならば低カロリー食品を摂取するようにしましょう。

 

楽になる温あん法

温あん法とはホットタオルを使って、妊娠で痛みが現れてしまっている部分の筋肉痛をやわらげる方法です。

 

まずしっかりとした熱いお湯を使ってホットタオルを準備しましょう。

 

 

タオルを濡らして電子レンジに入れてチンするだけでも蒸しタオルは完成します。

 

 

方が筋肉痛になっている場合は、ホットタオルを広げて首から肩甲骨、腕にかけて温めます。

 

 

この時無理のない姿勢で、行いましょう。

 

 

背中が痛い場合には、首筋から肩背中全体にかけてホットタオルをかけます。

 

 

この時も姿勢は無理に背筋を正す事なく自然な状態で問題ありません。

 

 

腕が筋肉痛になってしまっている場合は、腕全体をタオルで包み込むようにします。

 

 

ニノウデから手首までもしっかりとタオルで巻き込むようにします。

 

 

妊娠で足がむくんでしまっている女性は多いとされています。

 

 

この場合はホットタオルを広げて、膝の裏からふくらはぎにかけて巻き込むようにします。

 

 

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています、この部分のむくみを解消することが全体の血流を促すためにもとても重要なことです。

 

 

またリンパ液の流れを良くする効果も期待できるため、膝の裏を重点的に温めることが重要です。

 
>>>妊娠で太りたくないママ必見!超簡単〜妊娠中こそ!一石三鳥な方法!

 

<スポンサーリンク>