塩分を意識する

妊娠中はホルモンバランスの影響で身体に様々な変化が起きます。その一つが体重の増加です。

 

 

平均して妊娠中は8〜10キロ太ると言われています。

 

胎児、羊水の増加、血液量の増加、胎盤などがありますから体重が増えるのは当たり前です。

 

 

特に安定期を過ぎることには食欲も増していますので体重がどんどん増えていくという妊婦もいます。

 

 

妊娠中は確かに赤ちゃんのために栄養をたくさん摂取する必要がありますが、
しかし妊娠前よりも体重の増加は激しくなります。ちょっと油断すると2〜3キロ太るのは良くあることです。

 

 

しかし、太り過ぎは難産になる危険がありますので気をつけたいものです。
妊婦の中には太りたくないために極端なダイエットや食事制限を行う人もいます。

 

 

しかし、妊娠中のダイエットや極端な食事制限は自分だけではなく赤ちゃんの健康によくありません。

 

それで、太りたくない妊婦は極端な食事制限を避けて、適切な栄養を摂取できる食事を取り入れましょう。まず基本は塩分を控えることです。塩分はむくみの原因となります。塩分の取り過ぎは体内に水分を貯め込んでしまいますので気をつけましょう。

 

塩分を排出するためには、カリウムを多く含む豆類やさらには、海藻類を取り入れるようにしましょう。